憧れのキャラの描き下ろしイラスト 私の初恋キャラ

Vol.1 清水 玲子 ユーリ(とオスカー) 萩尾 望都「トーマの心臓」より

Vol.1 清水 玲子 ユーリ(とオスカー) 萩尾 望都「トーマの心臓」より

  • Twitter
  • Facebook
  • Google+

拡大してみる

イラスト/清水 玲子

このシーンが素敵!

(c)萩尾望都/小学館文庫

 『秘密』を描いている時に「人物設定、配置が『トーマの心臓』に少しかぶる」という感想を読んだ。それによると死んだトーマを忘れられず瓜二つのエーリクにきつくあたるユーリが薪さん。(ああ、なるほど)転校生のエーリクが青木。(随分でかいな、エーリク)ユーリのために死んだトーマが鈴木。(……)
 そしてユーリを側で見守るオスカーが岡部。(…!!ち、ちが…!!!!ぜんぜん違うから…!!!いや、岡部は気に入ってるけど、あのオスカーとは…!!!!)
 指摘されるまで全く気がつかなかったけど、こんな風にインプリントされてたら怖い。(オスカーは誰にも似ていません!愚弄する気も全くありません、すみません!)

作品解説『トーマの心臓』
冬の終わりのその朝、1人の少年、トーマ・ヴェルナーが死んだ。トーマからユーリに1通の手紙が残される。
そして、ユーリの前にはトーマに生き写しの転入生、エーリクがやってきて…。
ギムナジウムの少年たちの様々な愛の形を描く、萩尾望都初期の大傑作。小学館より文庫版、発売中。
清水玲子 しみずれいこ
1983年、月刊LaLa2月大増刊号
『三叉路物語(ストーリー)』でデビュー。
代表作に『月の子』『輝夜姫』『秘密』などがある。
現在、『メロディ』にて14年振りの新作『Deep Water』を連載中。

清水玲子のコミックスはコチラ!

アンケートページはこちらから!

次回(11月29日更新分)は、よしながふみ登場!

LALAメロディ
  • LaLa 毎月24日発売
  • LaLa DX 偶数月10日発売
  • メロディ 偶数月28日発売
  • まんが家への第一歩!ララまんが家スカウトコース
  • LaLaでまんが家デビュー!ララまんがグランプリ
  • 白泉社公式電子書籍販売サイト 白泉社e-net!